休日に保護者や園児に会ったときは

保育士お役立ちコラム

普段、園で接している園児や保護者に休日に偶然会ったらどうリアクションしますか?

休日は保育士も完全プライベートの状態となり、日頃の服装やお化粧などいつもの保育園の先生と違った雰囲気かもしれません。

また独身先生なら彼氏(彼女)、既婚であればご家族と一緒にいることもあります。

いつもの先生と違う雰囲気だとしても園児からすれば先生には変わりありません。

職場の人でも仕事場を離れて会ってしまうと何となくバツが悪いというか、別に隠すことはなくても会わないで済むならそのほうがいいと思う人が大半でしょう。

しかし偶然会ってしまい、双方で気がついたならそれなりの対応をするほうがいいでしょう。

それほど難しく考えなくてごく自然体でいいのです。

例えば軽く会釈程度でいいでしょうし「こんにちは」の一言でいいでしょう。あえて園児や保護者に話しかけようとしなくても失礼にあたりませんが園児が話しかけてきたら軽く返答してあげる程度で十分です。

 

園児が先生と話したいが故に次から次へと質問をしてきたらちょっと困ってしまいますよね。

例えば隣の人は先生の旦那さん?とか子どもがいるの?何歳?など中には細かく聞いてくる子もいます。

そういう時は保護者が察してくれると助かるのですが逆に保護者も一緒になってプライベートを知ろうとするケースも無いとは言えません。

そうなると保育士も切り替えが必要となってきます。

これ以上の挨拶は困るという意思表示をすることは決して悪いことではありませんがやんわりと伝えるのが前提となります。

例えば先を急ぎますなど時間的なことを言ってもいいでしょう。

先生も十人十色。

日頃は園児や保護者と朗らかに接していてもひとたび職場を離れたら意外と人見知りという方もいらっしゃいます。

偶然にも休日などプライベートの日に会ってしまったらごく軽く挨拶を交わす程度で十分ですし、色々と聞いてくる雰囲気ならば「お母さんと一緒で楽しそうね」など別の話題に切り替えて、「また園でね」などと締めくくってもいいでしょう。

 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top