保育士も英語力が必要?~グローバル化が進む幼児教育~

保育士お役立ちコラム

小学校高学年で英語教育を取り入れるという話題が上がったのはもはや昔の話、最近の英語教育は低年齢化が急速に進んできているのはご存知ですか?

小学校に入ってから英語を学ぶのでは遅すぎるという考えから、小学校入学前から英語を子どもに学ばせようとしているご家庭が最近増えてきました。

こうしたニーズから保育園や幼稚園で英語教育を取り入れるところが増えてきているのです。

 

なぜ最近になって英語教育を行う幼稚園や保育園が増えてきているのでしょうか。

実は、幼児期は習熟度がかなり早く、母国語以外の言語への抵抗感がないこと、絶対音感のように英語を聞き取って耳から学べること、遊びながら楽しく学べるなど、様々なメリットがあるのです。

また、保護者側でも他の子と差をつけたい、早い段階から英語に親しんで将来は世界で活躍できる人になってほしいなど、様々な理由から子どもに英語を学ばせたい人が増えてきました。

では、園児たちはどのような英語を学んでいるのでしょうか。

英語教育といってもリスニングやライティング、文法などの専門的なことはほとんどの幼稚園では行いません。

日本語もまだまだ始まったばかりの子どもたち、英語を嫌いにならないように歌に合わせて体を動かしたり、イラストを見て何かを答えたりするなど、遊んで学ぶスタイルがほとんどです。

幼稚園によっては、外国人講師が来るところもあり、ネイティブの発音を学べるところもあります。

幼児での英語教育は慣れ親しむことに重点を置いているところがほとんどですが、中には幼稚園での公用語や授業が全て英語で行なわれるインターナショナルキンダーガーデンもあります。

早い段階からプロフェッショナルな英語を身につけさせ高度な教育を行なっています。

 

このように、今や幼稚園や保育園での英語教育は当たり前となってきている中、保育士さんにも英語力が求められてきています。

保育士の就職活動でもTOEICのスコアや英語での面接が課される日も来るかもしれませんね。

英語で保育する新しい時代はもう始まっているのです。

 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top