気持ちを伝えると、心の距離が近くなります

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20120715

◇気持ちを伝えあうと、お互い素直になれる

保育士さんたちは、園児とのやり取りで、こんな風に、気持ちのやり取りをされていますね。

「●●くん、どうして、あんなこと言っちゃったの?どんな気持ちになったの?」
と気持ちを訊ねたり、

「そんな●●くんの言葉を聞いて、先生は、ちょっと悲しくなっちゃったな・・・」
と、気持ちを伝えたり。

こんなコミュニケーションによって、園児は、自分のやったことを振り返ったり、相手のことを考えたりできるようになる。

それだけじゃなく、自分の気持ちを解ってもらえた満足感と、安心感で、素直に「ごめんなさい」を言えたりしますよね。

 

◇相手の気持ちを聞き出すフレーズ

では、ひとつ質問です。

相手が大人の場合でも、気持ちを訊いたり、気持ちを伝えたりされていますか?

保護者や、スタッフとのやり取りでも、「気持ち」のやり取りがあると、話の流れはずいぶん変化しますよ。

相手の気持ちを知りたい時は、こんなフレーズを使ってみてください。

「この話を聴いて(それを見て)、どんな気持ちになったんですか?」
「そのとき、あなたは、どんな気持ちだったんですか?」

そして、自分の気持ちを伝えたい時は、

「わたしは、・・・と思いました。」
「わたしは、・・・という気持ちになりました。」

というフレーズを使ってみてください。

 

◇気持ちを表現してもらうための方法

気持ちを表現することに、慣れていない方も、とても多いです。

そういう方は、「気持ち」ではなく「出来事」ばかりを伝えてきます。

少し助け舟を出して、「悲しい気持ちになられたんですか?それとも、腹が立ったんですか?」など、選択肢を示して手伝ってみるといいでしょう。

本音を伝えあった後は、ココロの距離がグッと縮まって、いい関係ができあがりますよ。

≪井上きき 役に立つ話 2012年7月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ




お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top