話をするのが苦手な方も、人気者になれるのです

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20121101

◆会話が苦手な方が、おちいっている思考のパターンとは?

話をするのが、あまり得意じゃないと言う方も、いらっしゃいますよね。

 

「何を話していいのか、わからない。」

「こんなこと、話したら、どう思われるかしら?と迷っていると、次の話題になってしまう。」

 

「どんな伝え方をすれば、わかりやすいのか、わからない。」

 

こんな声を、耳にします。

 

こういう、不安をお持ちの方が、ハマってしまっている思考のパターンとして、考えられるのは・・・

 

「自分がどう思われるのか?」「自分の話が、どう思われるのか?」に、とらわれています。

 

つまり、「自分」に意識が行っているのです。

 

◆話をすることが苦手な方は、聴き手に徹するのも一つの方法

自分がどう思われるか?に意識が行き過ぎると、会話を楽しむことなんて、絶対にできません。

 

これを、反対に、相手に意識を向けてみることで、ずいぶん気持ちが楽になりますよ。

 

「目の前の人は、どんな方なんだろう?」

 

「この人は、何を伝えたいと思っているんだろう?」

 

「この人の、聴いてもらいたい話は、なんだろう?」

 

と言う感じで、相手に興味を持って話をしてみるのです。

 

話をすると言うよりも、いっそ、聴き手に回ってみると、もっと、気が楽になるかもしれませんよね。

 

 

そうすると、たとえ、相手の話に興味が持てなくても、相手そのものには、興味が持てるのです。

 

このように、興味を持って話を聴いてくれる人がいたら、きっと人気者になるでしょうし、信頼されるに違いありませんね。

≪井上きき 役に立つ話 2012年11月1日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ




お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top