保護者に、言いにくい要求の伝え方

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20121115

保護者の中には、モラルにかける母親や、ルーズな母親もいますよね。

 

そうなると、園の運営のために、どうしてもお願いしなくちゃならない場面もあります。

たとえば、「毎日、迎えが遅いので、遅れないで来てほしい」という内容を、伝えるとします。

 

確かに、言わなくてはならないことですよね。

 

ただ、しかし言いにくいことでもあります。

 

こんな時は、どう伝えたら、この保護者は、話を素直に受け取って、伝えた要求を聞き入れてくれるでしょうか?

 

●先に、お礼を伝えてしまおう

大切なのは、前置きです。

 

本題に入る前に、こんな言葉を伝えておきます。

 

「○○さん、いつも、保育にご協力いただき、ありがとうございます。」

 

そして続いて、「ひとつ、お願いがあるんですが、お話してもイイですか?」と伝えます。

 

先に、あなたは協力的だと伝えてしまうことで、相手は協力的にならざるを得ないわけです。

 

さらに、「お話してもイイですか?」と訊ねることで、相手に「はい」と返事をしていただきます。

 

これによって、本題の「お迎えに遅れないで来てほしい」という要求に対しても、「はい」と返事をしやすくなるわけです。

 

また、相手が話してもイイと同意しているというだけで、ずいぶん、話しやすくもなりますよね。

 

●小手先のテクニックだけでは、弱いんです

こうすることで、相手は聴く耳を持ちやすくなりますし、心にひっかかりにくいはずです。

 

が、やはり、常日頃の信頼関係がベースになければ、どんなテクニックも効果は薄いです。

 

なるべく、信頼関係が築けている先生が、伝えるようにするというのも、忘れずに。

≪井上きき 役に立つ話 2012年11月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ




お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top