園児の私物が紛失するというトラブルの対応法

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20130315

よく耳にするトラブルのひとつに、洋服などの紛失があります。

 

特に、年齢の小さいクラスで多いトラブルです。

 

自分勝手な保護者の場合、金銭を要求してくるなどのケースもあるようです。

 

しかしながら、たとえ、パンツ1枚でも、保護者にとっては大切なモノなのかもしれません。

 

対応には、十分注意が必要です。

 

●誠意を感じてもらうことが大事

可能な限り、全力で探しましょう。

 

そして、見つからなくても、どこをどう探したのか、保護者に報告しましょう。

 

他の保護者と、当事者の保護者に見えるように、張り紙などをするのは、有効です。

 

●相手のせいにしないことも大事

意外に、家庭で見つかるケースも多いですよね。

 

しかしながら、「園にはないようなので、お家で探してください」と伝えるのは、NG。

 

家にあれば、そのうちに わかること。

 

わざわざ、保護者に不信感をもたれるようなことは伝えないのが賢明です。

 

また、「名前は書いてありますか?」も注意が必要です。

 

名前がないから紛失してしまうかというと、必ずしもそうではないのです。

 

責任転嫁と感じられる場合もあるので、記名に関係なく、全力で探しましょう。

 

先生の一生懸命な姿勢を見て、探し物が出てこなくても、保護者は納得し、感謝の気持ちを持つはずです。

≪井上きき 役に立つ話 2013年3月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top