人間関係が原因で転職を繰り返す人は、なぜ繰り返すのか?

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20160215

転職を繰り返してしまう方や、職場変えを繰り返してしまう方、いらっしゃるでしょうか?

また、そんな方も今度こそは、長く勤めることを願っているのではないでしょうか?

もちろん、長く続ければいい、という問題ではありませんし、キャリアアップのための転職ならすばらしい。

しかし、人間関係に問題を感じて転職をする方は、何度も繰り返してしまう傾向があるようです。

 

◆原因は、いつも同じことの繰り返し

 いつも、同じような「人」に悩まされる・・・という方はいませんか?

 例えば、どこの職場に行っても、いつも威圧的な人がいて、そのうちにストレスで体に反応が出てきてしまうとか。

または、いつも同じ「状況」に悩まされるという方もいらっしゃるかもしれません。

 疎外感を感じ、やがて自分の居場所がないと感じてしまう。

それに悩んでいるうちに、みんなが自分にやめて欲しいと願っていると思い込んでしまう。

 

◆何度も転職を繰り返す原因は「心のキズ」

 

 職場で起こる人間関係のストレスは、実は子どものころに過ごした家庭での状況を再現してるのです。

つまり、「トラウマ」です。

 幼い頃に身近にいた人で、威圧的な人はいませんでしたか?

たとえば、父親。

いつも父親に怯えて過ごしていたとしたら、心のキズを癒さなければ、逃げても逃げても父親に似た人物に苦しめられるのです。

また、子どものころに疎外感を感じ、いつも孤独で寂しかった、という心のキズを持っているなら、それを癒さなければ、どこへ行ってもあたたかな人間関係はないのです。

 

 心のキズと向き合う作業は、ひとりではなかなか難しいものです。

カウンセリングやセラピーなど、どんどん利用されるといいですね。

 誰かにじっくりと話を聴いてもらうだけでも、心が軽くなるはずですよ。

≪井上きき 役に立つ話 2016年2月15日号≫

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ




お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top