楽して良い人間関係を作るには?

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20160401

出会いの季節ですね。

人間関係が不安で仕方ないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回はどうすれば楽して良い人間関係を作れるのか?についてお伝えしようと思います。

◆いい人を演じてもムダ

「好かれたい」「嫌われたくない」と話を合わせたり、本音をのみこんだり。

そうやっていい人を演じている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ずっと続けるのは大変ですね。

自分を取り繕っても、実は本当の姿はバレているもの。

したがって、なんだか上辺だけの人、という印象になってしまうのです。

◆すべての人から好かれるのは無理

残念ながらどんなに素晴らしい人格者でも、すべての人から好かれるのは無理です。

2:6:2の法則というものがあります。

10人の人がいたら、2人はあなたのことが嫌いな人で、6人は何とも思わない人。

そして、残りの2人はあなたに好意を感じている人なのです。

つまり、どっちみち、2割の人からは嫌われるし、2割の人からは好かれるのです。

◆素直な人になる

どうせ好かれるし、どうせ嫌われるなら、一番楽な自分でいるのがいいですね。

素直でありのままのあなたは美しいのです。

新しい人との出会いは、そのままのあなたで、ぶつかってみてください。

人間関係はどっちみち問題が起こるもの。

そのときに全力で向き合えばいいんです。

 

≪井上きき 役に立つ話 2016年4月1日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ




お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top