『頑張って食べよう』は言わない。食べることが苦手な子への向き合い方

めぐみ先生の保育コラム

あなたのクラスには、給食が苦手な子はいませんか?

ほんの少しだけ食べて「もうお腹いっぱい」という子や、野菜は絶対に口に入れようとしない子、「変な味」と言って口に入れたものをよく吐き出す子……etc

 

保育園は集団生活の場であるため、「時間までに全部食べなくてはいけない」というプレッシャーを感じ、給食が苦手になってしまう子は少なくないようです。また、親御さんが少食を心配するあまり、家庭で「なんでこれしか食べないの!」と叱られ続け、食事に恐怖を感じている子もいます。

 

こういった子どもたちが、食べることに対してポジティブなイメージを持てるようになるには、保育士がどのように関わっていけば良いのでしょうか?

 

“量”と“時間”はその子に合っている?

山盛りの料理を制限時間以内に食べなさいと言われたら、大人でも気が滅入ってしまうと思います。子どもたちもそれと同じで、自分が食べられる以上の量を目の前に出され、「長い針が12になったらご馳走様をするよ」と言われたら、食事をすることがノルマのように感じてしまいます。

よく私たちは「頑張って食べてね」という言葉を掛けてしまいますが、本来、食事は頑張るものではありません。一人ひとり食べられる量は違うので、食べ始める前に量を調整することをおすすめします。「今、自分はどれくらい食べられるかな?どれくらいお腹が減ってるかな?」と自分で考え、適切な量を選ぶことは生きていく上で大切な力です。もちろん、体調や機嫌、その日の朝ごはんの量や時間によって、食べられる量は変わってきます。

“お茶碗一杯は食べる”ことよりも、その子の“ちょうど良い量”を大切にした援助を行いたいものです。

 

感覚が過敏な子は、匂いや味をキツく感じることも

一度聞いた歌をすぐに覚えて歌い始めたり、絵を描くと豊かな色彩力を発揮するような子は、人よりも感じる力が鋭いため、味覚も敏感である場合があります。例えば、甘口のカレーであっても「辛い!」と吐き出してしまったり、ハーブや香辛料、炭酸水を「臭い」「痛い」と言って避けたりします。

このような感じ方を否定せず、決して無理強いしないようにしましょう。成長に伴い味覚の過敏さも変化する場合があるので、ゆっくりと見守っていきましょう。

 

食べることと、素敵な体験を繋げる

私が子どもたちの食事に携わる中で、最も気をつけていたことは「無理やり食べさせないこと」です。もう少しで午睡の時間になってしまう、○○ちゃんが食べ終わらないと困る!こういった焦りは、おそらく保育士であれば誰もが経験すると思います。

 

つい、「あと一口だから頑張って!お口に入れてモグモグごっくんして」と言いたくなってしまうこともあると思います。(私はありました)

しかし、大人に無理やり食べさせられた乳幼児期の経験は、保育園を卒園した後も、その子が30歳になってからも、辛い経験として記憶に残ることを忘れてはいけません。保育士のちょっとした焦りが、その子の「一生食べたくないもの」を作ってしまう可能性があるのです。

現在は食料も豊富に手に入るため、1つの食材を食べることができなくても、他の食材で栄養分を補うことができます。なにがなんでも好き嫌いをなくそうとする大人の関わりが、食事そのものを苦手にさせてしまいかねません。「いつかは食べられるようになる」くらいの気持ちで、ゆったりと向き合っていきましょう。

 

食事をする時に大切なことは、味や匂いだけではありません。誰と・どこで・どんな風に食べたかはとても重要なことです。保育園で毎日水やりをしていたトマトが実った時、それをおやつの時間にみんなで1つずつ食べた時、トマトはその子にとって美味しくて素敵な食べ物になるでしょう。保育士の仕事は、そんな“素敵な食べ物”をたくさん増やすお手伝いをすることだと思っています。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!

 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top