【3月の保育の導入に】子どもたちに伝えたい、ひなまつりの豆知識

めぐみ先生の保育コラム

3月3日は桃の節句、ひなまつりのお祝いです。女の子の健やかな成長を願い、雛人形を飾る習わしがあります。保育園でも行事食を食べたり、イベントを行うところもあるのでは?

今回は、子どもたちに話したくなる『ひなまつりの豆知識』をご紹介します。

 

〜食べ物編〜

<ちらし寿司>

ひなまつりと言えばちらし寿司。給食でちらし寿司を出す保育園もあると思います。ちらし寿司がおめでたい食べ物である理由は、入っている具材に秘密がありました。

 

れんこん…見通しが良くなる

えび…腰が曲がるまで長生きする

…まめに働く

 

お正月のおせちと同じで、具材に願い事が込められているのです。給食の時に、子どもたちに教えてあげましょう♪

 

<はまぐりのお吸い物>

はまぐりは、仲良し夫婦の象徴。これは、二枚の貝がぴったりと合わさっている姿が由来になっています。

お雛様とお内裏様が末長く幸せに暮らせるように願って、はまぐりのお吸い物を口にするのですね。

 

<ひし餅>

ひなまつりでは、菱形の三色のお餅「ひし餅」を飾ります。ひし餅の可愛らしい色には、それぞれ意味があることをご存知でしょうか。

 

緑色…春になり草木が芽吹く色

ピンク…桃の花の色

…雪解けの色

 

寒い冬に降り積もった雪が溶け始め、緑の草木が芽吹き桃の花が咲き始める……ひし餅は、冬から春へ季節が移ろう美しい情景に見立てられたお菓子なのです。

 

<ひなあられ>

昔の日本では「ひなの国見せ」という風習があったそうです。これは、お雛様を家の外に連れ出して、春になった風景を見せてあげるというものでした。その時に、ひし餅を砕いて持って行ったのが「ひなあられ」と言われています。

なお、ひなあられは関西と関東で味が違うようです。関東では米を炒ってポン菓子を作り、砂糖で甘く味付けをします。一方、関西ではお餅を小さく切って揚げ、醤油や塩で味をつけます。同じ日本でも東西で伝統文化の違いがあり、面白いですね。

 

〜雛人形編〜

<お内裏様が持ってる「しゃく」って何に使うの?>

お内裏様の持っている「しゃく」には、儀式の式次第が書いてあります。おすましをしたお内裏様も、緊張して式の段取りを忘れないようにと準備していたのでしょうか(笑)

 

<ひな壇に赤い布をかける理由>

古来より、赤は魔除けの色であると信じられていました。おめでたい結婚式の席に邪悪なものが近寄ってこないようにと願いが込められていたのですね。

 

<しまう時期が遅れるとお嫁に行けない、は迷信?>

3月3日を過ぎても雛人形を出しておくとお嫁に行くのが遅れてしまうという説があります。私も保育園で「せっかくだから週末まで出しておこう」と数日後まで飾っておいたところ、保護者の方から「先生、うちの子がお嫁に行けなくなってしまうので早くしまってください」と指摘されたことがありました。

 

実はこの「お嫁に行けない」の説は、昭和初期に流布した迷信のようです。「梅雨時まで雛人形を出しておくとカビてしまうから」「節句の飾りをきちんとしまえないようでは嫁の貰い手がいない」といった様々な理由により、ひなまつりが終わったらなるべく早く人形を片付けようという風潮ができたようです。

 

 

保育園でひなまつりを楽しもう

 

歌を歌ったり行事食を食べたり、伝統行事の雰囲気を楽しむ経験はとても大切です。雛人形の準備と片付けも子どもたちと一緒に行うと、行事に対してより関心が高まるのではないでしょうか。また、廃材や折り紙でひなまつりの工作を行う時は、当日におうちで飾ることができるように返してあげると良いでしょう。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!

 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top