【本格的な夏を迎える前にCheck!】保育士の日焼け止め対策

めぐみ先生の保育コラム

夏の保育を行う時に気をつけなければいけないのは、熱中症だけではありません。紫外線による日差しは、保育士たちが頭を抱える大きな問題。

保育士は他の職業に比べ、日差しに当たることが多いので、夏が終わる頃には真っ黒に日焼けしている人も多いでしょう。

 

今回は、本格的な夏を迎える前に、今一度、日焼け対策についておさらいしましょう。

 

日焼け止めを塗るのは、基礎化粧の上

 

化粧水を塗る前に日焼け止めを塗るべきか、化粧水と乳液を塗った後に日焼け止めをするべきか……迷ったことがある方はいませんか?

正解は、基礎化粧を終えた後に日焼け止めを塗り、その後に下地やファンデーションを置くようにしましょう。

なぜなら、基礎化粧を済ませていることで、日焼け止めが均一に馴染み、のびがよくなるからです。

 

水に入っても落ちないもの、低刺激のものを選ぼう

 

プールに入って日焼け止めが落ちてしまわないよう、水に強いタイプのものを選びましょう。そして、できる限り低刺激のものを選ぶことで自分の肌を守るだけでなく、子どもに触れた時も安心です。

 

アームカバーなど日除けグッズを使う

 

日焼け止めクリーム以外にも、対策はあります。アームカバーや帽子を活用し、紫外線を直接浴びないようにするのも有効的。ただし、気をつけなければいけないのは、ラフすぎる格好にならないこと。おもむろにタオルを首に巻いて外に出たり、サングラスをかけるのは、人と接する仕事をする上でマナー違反です。

 

食べ物で日焼け対策

実は、日焼けの予防効果がある食べものがあるんです!ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは美肌を保つ効果があり、日焼けの症状を緩和してくれる効果があります。夏野菜のトマトやバジルにはビタミンが豊富に含まれているので、意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

 

 

日焼けをし続けると、肌が傷み、老化の原因になります。曇っている日でも紫外線は降り注いでくるので、しっかりと日焼け対策を行いましょう。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top