大人も子どもも熱中症にご用心!

めぐみ先生の保育コラム

 

蒸し暑い季節になると、熱中症のリスクが一気に高まります。熱中症が起こるのは、炎天下の屋外にいる時だけではありません。気温と湿度が高い室内にいる時にも、熱中症になる可能性があるのです。特に、乳幼児は注意が必要です。

 

熱中症を引き起こす原因となるもの

<環境>

・風通しが悪く湿度が高い

・気温が高い

・直射日光

 

<健康状態>

・朝食を食べていない

・水分補給が不十分

・病み上がり

 

こんな症状は熱中症かも!?

めまい、冷や汗、けいれん、失神、嘔吐、頭痛、体温の急上昇

 

<症状が見られた場合の対処方法>

・涼しい場所に移動する

・水分補給をする

・衣服を緩め、風通しを良くする

・足を高くして横になる

 

体温の急上昇や、意識障害がある場合、なかなか回復が見られない時は救急車を呼びましょう。対処が遅れると、命の危険性に関わる場合があります。

 

乳幼児の熱中症を予防するためにできること

 

 

その1:朝ごはんをしっかり食べて、規則正しい生活をしましょう。

その2:日頃から外遊びをし、夏の暑さにも慣れることが大切です。

その3:風通しの良い衣服を選びましょう。

その4:屋外に行く時は帽子を被り、出掛ける前後には必ず水分補給をしましょう。

その5:体調不良の時は、外で遊ぶのを控えましょう。

 

保護者にも注意喚起をしよう

保育園の生活で熱中症予防対策を行うのはもちろん大切ですが、保護者の方にもおたより等でお知らせをし、注意を促しましょう。蒸し暑い梅雨の時期は、室内にいながら熱中症になる子どもや高齢者がたくさんいます。

大人も油断せず、ご紹介したような予防対策を行ってください。健康で楽しい初夏を過ごしましょう。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top