保育士の為のお役立ち情報

めぐみ先生の保育コラム 記事一覧

 

megu_top_banner

元保育士の【めぐみ先生】による保育士のための連載コラム。週に1回更新します。初めて保育の仕事をするけど、何をしたら良いの?保護者に信頼される保育士になるには?職場の人間関係の悩みはどう解決する?などなど。経験をもとに、リアルな情報を発信していきます。

(さらに…)

子どもの育ちにつながる走る遊び

運動会のリレーや、サーキット遊び、おにごっこなど、子どもたちが走る姿は保育中にたくさん目にすると思います。

普段は何気なく見ている「走る」動作ですが、体の育ちにも関係しているのです。

今回は、子どもたちの走る動きと、体を育てる走る遊びについてお話します。

 

(さらに…)

保育園だけじゃない!?保育士資格が活かせる仕事

「保育士=保育園で働く」というイメージが一般的かもしれません。

資格を取得して「さあ、保育士として働くぞ」と思った時、最初の就職先として保育園を選ぶ人が大半だと思います。

 

しかし、保育士資格を活かすことができるのは保育園だけではないのです。今回はその一例をご紹介しましょう。

(さらに…)

良いおもちゃ選びのヒント

子どもたちの育ちに繋がったり、興味の幅を広げるおもちゃを用意する時、何を基準に選んだら良いのでしょうか?また、手作りおもちゃを作る時のポイントは?

今回は、良いおもちゃ選びのヒントについてお伝えしましょう。

 

(さらに…)

保育園生活〜1日の流れと保育士の役割〜

保育園は朝から夕方(または夜)まで子どもたちが長時間生活する場所。家庭よりも長い時間を過ごす場所であり、子どもたちが1日を通して安心してのびのびと生活できる環境であることが求められます。

 

今回は、保育園の代表的な1日の流れとともに保育士の役割について考えていきましょう。

(さらに…)

第二子を出産を控えた保護者への支援

子どもだけでなく保護者の支援を行うことも保育士の仕事。育児中の不安な気持ちに寄り添ったり、保育の専門家としてアドバイスをしたり、時には専門機関を紹介したほうが良いというケースもあります。

 

特に、第二子の出産を控えている時期はお母さんもきょうだい児も気持ちが不安定になるため、保育士が適切に介入してサポートをしたほうが良い場合があります。

今回は、第二子の出産を控えた保護者たちがどのような不安を抱えているのか、そして、保育士はどのように援助すべきかについて考えていきましょう。 (さらに…)

大好きなぬいぐるみが手放せない子。「移行対象」のおはなし

 

登園する時に、お気に入りのぬいぐるみを持ってくる子はいませんか?もしくは大好きな毛布かもしれません。「保育園に来たら、ロッカーにしまっておこうね」と伝えても、なかなか手放したがらない子もいると思います。

子どもたちにとって手放せないぬいぐるみや毛布は「移行対象」と呼ばれています。

今回は、移行対象のおはなしです。

(さらに…)

保育で使える!粘土遊びのアイデア

 

粘土遊びは室内遊びの定番。「お店屋さんごっこ」や「動物園を作ろう」などテーマを設定して遊ぶのも楽しいですね。

今回は、そんな粘土遊びのアイデアをまとめてみました。 (さらに…)

どんな人が合ってる?沖縄で保育士として働くメリット・デメリット

今ある生活を捨てて沖縄で保育士として働こうと決意するのには、相当な覚悟が必要ですよね。

すでに資格を持っている場合は、移住先・転職先を見つけるステップだけで済みますが、未取得の場合はまずは勉強からはじめなくてはいけないので「ちょっと行ってみようかな」程度の気持ちではやり切れません。

そのため、移住・転職を決める前によく吟味しておく必要があります。そこで今回は、沖縄で保育士として働くメリット・デメリットをご紹介。どんな人が合っているかをお伝えしていきます。

(さらに…)

発達が気になる子が落ち着いて過ごすための工夫

 

コミュニケーションがうまくいかなかったり、行動が他の子に比べて遅いことが目立ったり、発達が気になる子どもたちと関わる時、保育者はその子の特性をよく理解して適切な対応をする必要があります。

今回は、そんな子どもたちが落ち着いて過ごすことができるように、どんな環境づくりや関わり方をしたら良いのか5つのポイントをまとめました。 (さらに…)

お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top