めぐみ先生の保育コラム

七夕の豆知識&おすすめの遊び

7月7日は七夕です。

 

笹飾りを作ったり、給食で素麺を食べたり、 七夕祭りを開催したりと、行事を楽しむ園も多いと思います。

今回は、七夕にまつわる豆知識やおすすめの遊びを紹介します。ぜひ保育の中で活用してくださいね。

 

見出し:七夕の伝説

機織りが得意な織姫は、天の神様の娘。彼女はある時、牛飼いの青年・彦星と恋に落ち、結婚しました。幸せな結婚生活を送っていた二人でしたが、次第に二人は怠けて仕事をしなくなってしまいました。

そんな様子を見て怒った天の神様は、二人を天の川の東と西に引き離してしまったのです。二人はひどく悲しみ、毎日泣いて過ごしました。そんなに悲しいなら、せめて7月7日の夜だけは会うことを許そう……神様は二人が真面目に働くことを条件に、年に1回だけの逢瀬を認めました。

 

以上が七夕の伝説です。

 

紙芝居やペープサートなどを用いることで、子どもたちに物語のイメージが伝わりやすくなります。

 

【豆知識】七夕の7つの飾りに込められた意味

七夕といえば、色とりどりの美しい笹飾り。折り紙や廃材で手作りすることもできます。

ところで、それぞれの飾りにはこんな願いが込められていることをご存知でしょうか。

  • 短冊:学問や書道の上達
  • 紙衣:裁縫の上達、病や災いの身代わり
  • 折り鶴:家内安全、延命長寿
  • 巾着:商売繁盛
  • 投網:豊漁
  • くずかこ:倹約と清潔
  • 吹流し:織姫の糸

 

【豆知識】七夕に素麺を食べる理由

七夕にはもともと「索餅」(さくべい)という中国の小麦粉料理を食べる習慣がありました。索餅とは、縄のように編んだお菓子のような食べ物で、7月7日に亡くなった帝の子の好物でした。索餅を食べることで1年間病気とは無縁で過ごすことができると信じられていたのです。

 

日本に索餅が入ってきたのは奈良時代のこと。やがてそれが細長い素麺へと変化し、「 七夕には素麺」が定番となったのです。

白くて細い麺を天の川に見立てている、小麦の収穫を神様に報告する……など、 七夕に素麺を食べる理由にはいくつかの説があります。

 

食欲の落ちる時期、喉越しの良い素麺は子どもたちにも人気のメニューです。

 

【豆知識】七夕の雨の意味

一般的には、七夕に雨が降ると織姫と彦星は会えないと言われています。天の川の水かさが増し、川を渡って向こう岸にたどり着けないからです。7月7日に降る雨のことを、二人の悲しみの涙とし「催涙雨(さいるいう)」と呼びます。 しかし、地域によっては二人が無事に会えて嬉し涙を流していると解釈する場合もあります。

 

ちなみに、 七夕の前日である7月6日に降る雨は、織姫が彦星に会うために牛を洗っている水だと考えられ「洗車雨」(せんしゃう)と呼ばれているんですよ。

 

【おすすめの遊び】笹舟づくり&笹舟流し

笹の葉を折ってつくる笹舟は伝統的な草花遊びのひとつです。笹舟ができたら、水に浮かべたり小川に流して遊ぶことができます。

笹の葉の大きさや切り込みの深さで笹舟の形が変わるのも面白いポイントです。上手に水に浮かべるにはどんな形にしたらよいか、研究してみましょう。

 

【おすすめの遊び】星釣り&星探しゲーム

天の川に見立てたシートの上に星のモチーフを散りばめます。星と釣り竿の先端にはマグネットをつけておき、釣り遊びを楽しめるようにしましょう。「先に◯個釣れた人が優勝」といったようにゲーム性を加味するのもおすすめです。

 

低年齢のクラスでは、星探しゲームが人気です。机の裏側や、保育者のエプロン、本棚の隙間などに星型のカードを隠し、みんなで宝探しを楽しみましょう。

 

年に一度の七夕。夏の訪れを楽しむ特別な日に

七夕は夏の訪れを感じる行事。彦星と織姫の伝説に想いを馳せながら、ぜひ季節感を味わえる1日にしたいですね。

この時期には水遊びをしている園も多いと思います。プールで笹流しをしたり、星探しをしたり、水遊びと七夕を掛け合わせてユニークな活動を展開してみるのも楽しそうです。

(記事公開日 2018年06月28日)
(記事更新日 2024年07月04日)

 

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育ライター。保育園や子育て支援施設にて担任や育児講座等の業務を経験。2016年にはフリーライターに転身。保育園の取材記事やコラムなどを中心に執筆し、現在に至る。

保育の仕事の魅力や、現場で活躍する保育者たちの生の声をお届けします。

 

-めぐみ先生の保育コラム

© 2011 保育パートナーズ