子どもの育ちにつながる走る遊び

めぐみ先生の保育コラム

運動会のリレーや、サーキット遊び、おにごっこなど、子どもたちが走る姿は保育中にたくさん目にすると思います。

普段は何気なく見ている「走る」動作ですが、体の育ちにも関係しているのです。

今回は、子どもたちの走る動きと、体を育てる走る遊びについてお話します。

 

「走る」って何?走る動作によって育つもの

歩行ができるようになると、子どもたちは自分で移動できることが嬉しくて1人でどんどん遠くに行ってしまいますよね。「1歳半くらいを過ぎたら、追いかけるのが大変!」なんていう声もよく聞きます。しかし、走る動作がしっかりとできるようになるのは、4〜5歳頃といわれているんです。

 

走る動作は、地面を蹴って前に進む動きのことです。さらに、前に進んで終わりではなく、次の一歩を出して地面に着地しなくてはいけません。これにはバランス感覚も必要です。

全身の発達がまだ未熟である場合、この動きが難しいため地面に足全体をつけてしまい、次の足が軽やかに出なかったり、両足がもつれて転びやすかったりします。

 

遊びの中に走る動作を取り入れることによって、全身のバランス感覚の育ちに繋がります。1人ひとりの段階に合わせ、どんな遊びを提案したら良いか考えていきましょう。

 

おすすめの走る遊び5選

走ると言っても、走り方は1つではありません。色々な走り方を経験できる遊びを5つ紹介しましょう。

 

ジグザグよーいどん!

 

カラーコーンなど目印になるものをジグザグに置き、倒さないように走る遊びです。左右に体重を移動しながら走る動きの練習になります。慣れてきたら目印の幅を変えたり、グループ対抗ゲームにしてみましょう。

 

ボール運び競争

 

ボールを持ったゴールを目指して走る遊び。腕を振ることができないため、バランス力が試されます。ルールは簡単なので、異年齢縦割りでグループを作って競争するのもおすすめです。

 

さかさまかけっこ

 

前ではなく後ろ向きに走る遊びです。前に走る時とは違う走り方をします。子ども同士がぶつからないように、コースのラインを引いたりゴールが近くなったら目印を置いたりしましょう。

 

手つなぎ鬼

 

通常の鬼ごっこと同じようにスタートし、タッチされた子は鬼と手を繋いで走ります。これを繰り返し、最後まで逃げ切れた子が勝ちです。友達と手を繋いで走る動きを経験できます。人数が増えるほど難易度はアップします。

 

しっぽ取り

 

ビニールテープや紙テープ、タオルなどをズボンに挟み、尻尾に見立てます。鬼に尻尾を取られた子はリタイア。最後まで逃げ切れたら勝ちです。鬼役の子は走りながら動く尻尾をキャッチする動作を行います。これにも瞬発力とバランス感覚が必要です。ルールは簡単なので、2〜3歳クラスでも取り入れることができます。(その場合、担任が鬼役をすると分かりやすい)

 

走るのが苦手な子もいる

走る動作を取り入れると、遊びの幅が広がります。しかし、子どもたちの中には、走るのが苦手な子や平均よりも足が遅い子もいます。1人ひとりの個性や発達段階を考えた上で、楽しめる遊びを探していくのが良いと思います。

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top