めぐみ先生の保育コラム

子供と一緒に探してみよう!10の雲の種類

雲には種類があることをご存知ですか?

空を見上げてみると、モクモクとまるい雲や細長い雲、スーっとのびる飛行機雲など色々な形の雲がありますよね。世界気象機関(WMO)が刊行した「 国際雲図帳」によると、雲は10種類に分類できるそうです。

ここでは雲の名前と特徴を解説します。空にまつわる豆知識として、ぜひチェックしてみてくださいね。

⑴巻雲(けんうん)

通称:すじぐも

空気が澄んだ晴れの日に見られる。高度が高いところに浮かぶ繊維状の雲。細長い絹のような形。

⑵巻積雲(けんせきうん)

通称:うろこぐも、いわしぐも

うろこ状のさざ波の形をした雲。この雲が出た後は天気が崩れることが多い。

⑶巻層雲(けんそううん)

通称:うすぐも

陰影のないベール状の雲。翌日は雨になることが多い。空全体に広がる。

⑷高積雲(こうせきうん)

通称:ひつじぐも、むらくも

まるでひつじの群れのように、小さな塊がたくさん見られる雲。巻積雲を少し大きくしたような形。

⑸高層雲(こうそううん)

通称:おぼろぐも

厚みのある巻層雲のような見た目。灰色の層状になって空を覆う。夜に月を隠すと朧月夜になる。

⑹乱層雲(らんそううん)

通称:あまぐも

むらのない暗灰色の雲。太陽を隠すほど厚く、真っ黒でいかにも雨が降る前の雲。温暖前線や低気圧の接近によってつくられる。

⑺層積雲(そうせきうん)

通称:うねぐも

高度が低い場所に浮かび、地上の風や地形の影響を受けやすくどんどん形を変えていく雲。大きな塊が群れをなしているような見た目。

⑻層雲(そううん)

通称:きりぐも

山肌などにかかる、霧に似た灰色の雲。霧との違いは地表についているか離れているか。この雲をさらに高いところから眺めたものが「雲海(うんかい)」。

⑼積雲(せきうん)

通称:わたぐも

綿菓子のようにふわふわした雲。雲といえばこの形をイメージする人が多いのでは?発達すると雄大積雲になる。

⑽積乱雲(せきらんうん)

通称:にゅうどうぐも、かみなりぐも

夏の夕立の前に現れる雲。(夏以外に見られることもある)

雲の底は非常に暗く、内部に電気がたまっている。これが雷となる。

いくつ見つけられるかな?

10の雲の種類をご紹介しました。

季節や気候、地形によって雲の形は異なります。日常的に見られる雲もあれば、山の上など特定の場所でのみ見られる雲もあるのです。

珍しい雲を見つけたら、写真を撮ったりイラストに描き残しておくこともおすすめです。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!

-めぐみ先生の保育コラム

© 2011 保育パートナーズ