嫌な出来事をいつまで考えますか?

井上きき 役に立つ話

inouekiki_20160301

人はひとつのことにしか意識を向けることができません。

つまり、目の前の嫌な出来事に意識を向けていると、それ以外の幸せは見えないのです。

 

例えば、職場でAさんにイヤミを言われた、という出来事があったとします。

そのことをずっと考えながら家へ帰り、帰ってからもそのことをぐるぐると考え続けたら・・・

目の前にカワイイ我が子がいても、大切な夫がいても、意識はAさんに向いているのです。

我が子の成長や、家族の発している愛に意識を向けることはできません。

もちろん、自分の成長のためのチャンスだって見逃してしまいます。

 

そこで、解決できない嫌な出来事は、サッサと脇に置いて、目の前のことに意識を向けるトレーニングをしてみましょう。

意識を切り離して、つなげたいことに、結び直すイメージトレーニングです。

1) 自分の頭から意識の電線がイヤミを言ったAさんにつながっているイメージをします。もちろん、あなたはあなたの嫌な出来事につながっているイメージをしてください。

2) その電線をハサミでチョキンと切ってしまいましょう。

3) その電線の先を、意識をつなげたいものへつなぎ直しましょう。たとえば、目の前にいる家族だったり、今度の休みに行く予定のディズニーランドでもいいですね。

 

もちろん、すぐに上手くできる人は少ないです。何度も練習をしてみるといいですね。

あなたの一瞬一瞬はかけがえのない命の一部です。不幸なことばかり考えているのは、もったいないです。

幸せを感じる力を育てていきましょう。

≪井上きき 役に立つ話 2016年3月1日号≫

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ




お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top