パピプペポの発音で、食事を楽しくする

井上きき 役に立つ話

 

子どもたちが、ワクワクする言葉がけを選ぶと、食事の時間がグッと楽しくなります。

楽しくなれば、食欲も増して、いつもよりもたくさん食べてくれるはず。

それは、どんな言葉がけかというと、パピプペポを使う言葉がけ。

小さな子は、パピプペポの発音が大好きです。また、バビブベボも好きですね。

具体的な使い方をお伝えします。とても簡単ですので、すぐに実践してみてくださいね。

 

●「パクッ」

 

スプーンで食べさせてあげるときに、「パクッ」と言いましょう。(保育士さんが言ってあげます。)

その「パクッ」が面白くて、口をあけて、次を待っていてくれるようになります。

さらに、スプーンを飛行機に見立てて、「ぶ~~ん」とテーブルの上を旋回させて、「パクッ」とお口へ運んであげましょう。

 

●「ぴかぴか」

 

お皿のお料理を全部食べられたら、「ピカピカだね!」と伝えます。

この言葉を聞きたくて、また次の日も、全部食べたくなります。

全部食べられるように、少な目に盛り付けてあげるといいですね。

自分で、「ぴかぴか!みてみて!」と見せてくれるようになりますよ。

 

●「ポンポン」

 

いっぱい食べたあとは、「わー、お腹ポンポンだね!」とお腹を撫でてあげましょう。

大好きな「ポンポン」という言葉を聞くために、次の日もオカワリをしてくれるかもしれませんね。

 

≪井上きき 役に立つ話 2013年12月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top