上手なキャッチボールのような会話をしよう

井上きき 役に立つ話

 

今5年生の長男が、3年前に少年野球を始めたのですが、その頃のことを、ふと思い出しました。

当時は、キャッチボールすらまともにできていなかったなー・・・と。

相手がこっちを見ていないのに、投げてしまうのです。

だから、当然、相手は受け取れず、ボールだけがあっちの方向へ転がって行く。

相手は、「勝手に投げておいて、なんでボクが拾いに行かなくちゃいけないのー!?」とちょっと怒ってしまう。

今となっては、微笑ましい思い出です。

 

◆自分の日常の会話を振り返る

ところが、これ、笑ってもいられないのです。

実は、わたしたちの場合は、これを日常の会話でやらかしているのです。

つまり、誰かに話しかけるときに、唐突に話し始めて、相手にすんなり受け取ってもらえなかったり、

受け取れないだけじゃなく、ちょっと不機嫌にさせるようなことは、ないでしょうか?

例えば、

顔を見るやいなや、「今度の歓迎会の司会、やってくれない?」なんて伝えた場合、相手は、「!?」です。

あまりにも唐突なので、とっさに「えー!困ります!」って言うかもしれないですね。

 

◆上手なキャッチボールのような会話とは?

反対に、上手なキャッチボールのような会話をしてみたら、どうでしょう?

上手なキャッチボールとは、「○○さん、いくよー」って言ってから、相手が「いいよー」って言ったら、受け取りやすいボールを投げるのです。

つまり、

「○○さん、今度の歓迎会のことで、ちょっとお話ししたいんだけど、今、お時間大丈夫?」と相手の状況をたずねるのです。

そのうえで、相手が「はい、大丈夫ですよ。」と言ってから、受け取りやすく本題を伝えます。

例えば、「今度の歓迎会の司会なんだけど、話すのが上手な、あなたにやってもらえたら、うれしいんだけど。どうかしら?」

と、相手が抵抗なく受け取れる方法で伝えます。

そうすることで、相手からも気持ちのいい返球が来ます。

もちろん、断られることはあるのですが、相手も受け取りやすい断り方をしてくれるはず。

つまり、いい関係のままでいられるということです。

ぜひ、こんなふうに、上手なキャッチボールをイメージしながら、会話をしてみてくださいね。

とても気持ちいい、思いやりを感じる会話になりますよ。

 

≪井上きき 役に立つ話 2015年2月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top