めぐみ先生の保育コラム

【保育士向け】スケジュール管理のポイント

 

もうすぐ新年度。クラス替えや人事異動があるこの時期は、ワークライフバランスが一気に崩れやすくなります。仕事もプライベートも充実させるために大切なのは、スケジュール管理です。あなたは普段、どうやってスケジュールの管理を行っていますか。

 

【ポイント1】スマホ派?手帳派?自分に合ったスケジュール管理ツールを選ぼう

スケジュールを管理する時に、どんなツールを使っていますか?
最近は便利なスマホのアプリも増え、アカウントを登録すればインターネット上で予定を管理することができる「クラウド型手帳」を使う人もいます。

保育士の場合は、仕事中にスマホやタブレットを確認しづらいという事情から、手書きの手帳を使っている人が多いようですね。行事や面談の予定を書き込み、保育中でもサッと確認できるので、紙の手帳は便利です。

 

アナログでも、デジタルでも、自分が使いやすいスケジュール管理のツールを選んで使うことが大切です。職場では紙の手帳、家ではデジタル、と使い分ける方法もあります。

 

【ポイント2】締め切りは余裕をもって設定しよう

週案、月案、誕生日会の準備、壁面の作成……etc
やることに追われている時ほど、優先順位が分からなくなってしまいます。
まずは、やることをすべて書き出して優先順位を決めましょう。

そして、書類など締め切りがある作業に関しては、本当の締め切りよりも1〜2日前に自分の中の締め切りを設定しましょう。そうすることで、余裕を持って作業することができます。

 

【ポイント3】作業時間を予想して書き出そう

 

 

3つ目のポイントは、一つひとつの作業時間をしっかりと把握すること。

週案・・・30分
行事の準備・・・2時間
クラス便り作成・・・1時間

と、作業時間を洗い出すことにより、その作業をいつやれば良いのかが分かります。

「20分で終わる作業なら、パートの先生が室内遊びを見てくれている時間にできるかも」「2時間かかる衣装製作を朝の空き時間にやるのは効率が悪い。夕方にまとめてやろう」などなど。

スキマ時間を有効活用すれば、残業や持ち帰り仕事を減らすことができます。

 

年度の変わり目は、自分のスケジュール管理を見直すチャンスです!

 

[wc_box color="secondary" text_align="left"]

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!

[/wc_box]

-めぐみ先生の保育コラム

© 2011 保育パートナーズ