コミュニケーションを変えるためには、まず、やらなくちゃいけないことがある

井上きき 役に立つ話

 

コミュニケーションを変えたいと思っても、思うだけで、なかなか行動が伴わない・・・と思いませんか?

“もっと、相手に寄り添うやさしいコミュニケーションを取りたいのに・・・”

“もっと、ゆったりと子どもたちと関わりたいのに・・・”

“つい、相手を否定してしまう自分を直したい・・・”

「結局、性格だから・・・」とあきらめる前に、やってみて欲しいことがあります。

◆自分自身とのコミュニケーションを変える

私たちは、無意識に、自分自身ともコミュニケーションを取っています。

自分に厳しい人は、疲れていても、「もう少しがんばろう」とつぶやいています。

また、自分に甘い人は、「ダイエットは明日からにしよう」とつぶやいています。

他人とのコミュニケーションを変える前に、この自分自身と交わしているコミュニケーションを変える必要があったのです。

◆自分とのコミュニケーションが、つまり相手とのコミュニケーションだった

もっと、やさしいコミュニケーションを取りたいと思っている方は、まず、ご自身にやさしくしてあげてください。「がんばってるね。」と自分に声をかけ、わがままも許してあげてください。

もっと、ゆったりと相手と関わりたい方は、自分だけの時間に、ゆったりと自分と向き合ってあげてください。

相手を否定するコミュニケーションを変えたい方は、まず、自分自身をまるごと肯定してください。「何ができてもできなくても、自分は自分。そのままでいいんだ。」って、いつも言ってあげましょう。

実は、他人への態度は、いつも自分が自分に取っている態度だったんですね。

まず、ご自身を大事にしてあげることで、周りの人との関係も良くなって行くはずです。

 

≪井上きき 役に立つ話 2013年10月1日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top