言いたいことを伝えると、良い人間関係を作ることができる

井上きき 役に立つ話

 

言いたいことを伝えることができていますか?

いつも、言いたいことや、知りたいことがあるにもかかわらず、なぜか、伝えられずに終わっていませんか?

その結果、モヤモヤしたり、後悔することもあるかもしれません。

また、我慢が限界になり、体をこわしてしまうケースもあります。

実は、言いたいことを伝えることは、自分のためにも、仲間のためにもプラスになることが多いのです。

 

◆言いたいことが言えないのは、なぜか?

言いたいことを口に出すと、嫌われるかもしれないとか、怒られるかもしれないという「恐れ」「恐怖感」を感じませんか?

例えば…

「ここに物を置かないでほしい。」のような、ちょっとしたことでも、

それを伝えたら、関係が壊れてしまうかもしれないとか、冷たくされるかもしれないと思うと怖い。

つまり、嫌われないために伝えない、という選択をしているのではないでしょうか。

しかし、言いたいことを呑み込んでいても、嫌われないことはあっても、本当に信頼し合うことはできません。

 

◆言いたいことを言わないことは、自分自身を傷つけている

言いたいことを言わずに我慢することで、喜んでくれる人は誰もいません。

反対に、悲しい想いをしている人がいます。

それは、自分自身です。

いつも我慢を強いられ、後回しにされているため、「自己評価」はガタガタに落ちています。

つまり、「自分は価値のない人間だから、我慢すればいい」と自分に伝えているのです。

実はこの想いは言動に出ています。

「どうせ、わたしは価値のない人間だから・・・」という想いは相手に伝わります。

その結果、相手はあなたを大切にしなくていい、と感じてしまうのです。

 

◆言いたいことを伝えると、人間関係は改善する

まず、自分自身を大切にするために、言いたいことを伝えましょう。

あなたは、価値のある人間だから、言いたいことを伝えてもいいのです。

自信のある態度で接することで、信頼感を感じてもらえるでしょう。

そして、つぎに、大切な人といい関係を続けるためにも、言いたいことを伝えましょう。

「わたしは・・・」を主語にして伝えるといいですね。

「わたしは、ここではなくて、向こうの端にモノを置いてもらえると、助かります。」

こんな感じです。

自分も相手も大切にしながら、伝えることにより、より良い人間関係を築くことができますよ。

 

≪井上きき 役に立つ話 2014年8月1日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top