良く噛んで食べましょうと伝えるよりも効果的な関わり方

井上きき 役に立つ話

 

あまり噛まずに飲み込む子どもに、どのように接していますか?

「良く噛んで食べてね!」などと声をかけても、まず、良く噛むようにはなりませんよね。

あるいは、そのときは良く噛んでも、すぐに元に戻ってしまいますよね。

 

●「褒める」「認める」が効果的

良く噛んで食べられるようにするには、噛んでいるときを見つけて、褒めてあげるといいのです。

かための食材(リンゴなど)を、いつもより少しでいいので、良く噛んでいるときなどが、あると思います。

そんな瞬間を見逃さず、「○○ちゃん!いま、よくカミカミできたね!」と認めるのです。

できたら、こんな言葉がけをいつも、かけてあげるといいですね。

お家の方にも、お願いして一緒に進めてみることもおススメです。

 

●ひとくちは、小さく

もっと小さなお子さんで、食べさせてあげる場合には、ひとくちの“量”に気を付けてみましょう。

ひと口が多すぎると、うまくカミカミできません。

そのまま、あまり噛まない習慣になってしまうことは、少なくないのです。

ひと匙を少なくすることで、噛みやすく呑みこみやすい食事になりますよ。

さらに、良く噛んで食べられたら、「カミカミ上手ね」と言葉をかけておくと、いいでしょう。

 

≪井上きき 役に立つ話 2014年1月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top