信頼される人は、仲間を信じて手伝ってもらえる人

井上きき 役に立つ話

 

仕事を抱え過ぎていませんか?

「自分がやらなければ うまくいかない!」などと思っていませんか?

パンクして、体調を崩してしまったり、期日に間に合わなければ、どんなに無理をしても意味がありません。

 

◆「手伝って!」と伝えよう

実は、「手伝ってください。」と言われると、うれしいものです。

自分のことを頼ってくれていると、感じます。

自分のことを信頼してくれた、あなたのことを、「いい人」だと思う場合もあります。

ひとりで頑張るよりも、ずっと得ですね。

「○○さん、この仕事、●日までに仕上げなくちゃいけないんですが、間に合いそうにないんです…。助けていただけませんか?」

と、具体的に伝えましょう。

 

◆断ることも、ありなんです

どんな状況のときでも、仕事を断るなんて、ありえない!と考えている方は、意外と多いです。

しかし、無理に引き受けて、じゅうぶんな仕事ができなかった場合の方が、ありえないのです。

忙しかったり、体調が悪い場合などは、しっかり状況を説明して、断る必要がありますよ。

「今、こちらのプロジェクトに手がかかっていて、他の仕事を受けられる状況ではありません。申し訳ありません。」と現状を伝えましょう。

 

◆信じることから始まります

「手伝ってもらう」ことが苦手なあなたは、実は、仲間を信頼する力が弱まっています。

自分がやらなければ!という気持ちを、仲間を信じる気持ちに変えられるといいですね。

そして、「断る」ことが苦手なあなたは、自分自身を信じる力が弱まっています。

断っても、あなたの評価はかわりません。

あなたは、信頼されて、愛される人のままなんですよ。

 

≪井上きき 役に立つ話 2014年6月1日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top