悪い出来事も、幸運に変える方法

井上きき 役に立つ話

 

悪い出来事って、たまには起こるものです。

たとえば、誰かにヒドいことをされるとか。

大事なものを失くしてしまうとか。

事故に遭うとか。

そんなときは、つい マイナスに物ごとを考えてしまいがち。

しかし、否定的にとらえれば、とらえるほど、悪循環なのです。

マイナス思考は、マイナスの出来事を招いてしまうもの。

それによって、悪い出来事が、続いて起こってしまう場合もあるんです。

実は、偶然に悪い出来事が起こることはないそうです。

起こった出来事は、すべて必要だから起こっているそうです。

私たちは必要だからこそ、この世に生まれてきました。

だから、必要のない出来事は起こらないのです。

このように前提を変えてみると・・・

誰かにヒドいことをされたのは、その出来事から学び、成長するため。

大事なものを失くしてしまったのは、新しい物と出会うため。

事故に遭ってケガをしてしまったのは、もっと致命的な事故から、守るためにしばらく動けなくなったのでしょう。

どうですか?

このような考え方を採用してみると、たとえ悪い出来事が起こっても、プラス思考でいられます。

このプラス思考は、プラスのできとご招きます。

実際に、人生が開けてくるはずですよ。

 

≪井上きき 役に立つ話 2015年8月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top