【0歳児クラス】発達を促すおすすめの遊び

めぐみ先生の保育コラム

 

保育所保育士指針では、「6か月未満」「6か月〜1歳3か月未満」と月齢によって記載内容が区切られています。0歳児クラスを担任すると、低月齢・高月齢とフループを分けて活動をする場合もあるでしょう。今回は、0歳児の発達を促すおすすめの遊びを紹介します。

 

0歳児の発達の主な特徴

【6か月未満】

首がすわる、手足の動きが活発になる、基本的信頼感が育つ

 

【6か月〜1歳3か月未満】

お座り、はいはい、つかまり立ち、人見知りが始まる

 

0歳児のおすすめの遊び

【6か月未満】

「どこかな?どこかな?」

目の前でおもちゃを動かしたり、優しく声をかけたりして、首を動かしたり手をのばす動作を促す。音の鳴るおもちゃや楽器もおすすめ。運動発達を促す遊び。

 

「いちり、にり、さんり」

「いちり、にり、さんり」と言いながら、足首→ひざ→太ももの順番で優しくタッチ。最後は「しりしりしり〜」とおしりをくすぐる。スキンシップを通して感覚を刺激する。

 

【6か月〜1歳3か月未満】

「シーソーあそび」

保育者のひざの上に乗り、歌に合わせて体を前後に揺らす。目と目を合わせ、優しくほほえみながら遊ぶ。1対1でスキンシップをし、信頼関係を深める。

 

「はいはいでおさんぽ」

はいはいの運動を促すため、音楽をかけながら部屋の中をはいはいでおさんぽ。保育者も一緒にはいはいをしたり、競争をすると楽しい雰囲気に。

 

ポイント

 

 

乳児期は心身ともに著しく発達する時期です。保育者は子どもたちと同じ目線で遊び、何かひとつできたら「やったねー!」と一緒に喜びを共感したり、抱きしめて褒めたりすることで、子どもたちとの結びつきがより深まっていくはずです。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top