【新人保育士あるある】遊びのルールややり方を知らなかったらどうする?

めぐみ先生の保育コラム

 

子どもたちは「先生、一緒に遊ぼう!」と積極的に保育士を遊びに誘ってくれます。特に引き出しが少ない新人時代、子どもたちから遊びを提案してくれるのは嬉しいことです。

しかし、遊びの中には「え?このルール知らない」ということも。そんな時どう対応すれば良いでしょうか。

 

その遊び、知らない……!

<事例>

「先生!バナナおにやろう」年中クラスの子どもたちが遊びに誘ってくれました。「バナナおに」という名前は聞いたことがあるけれど、実際に遊ぶのは初めてです。せっかく子どもたちに誘われたのに、ルールが分かりません。このまま遊びに入ったら、子どもたちの遊びを止めてしまうのでは……?

<対応>

遊びのルールややり方が分からなかった時は、正直に「分からないから教えてくれるかな?」と子どもたちにお願いしてみましょう。

「先生」は、何でも知っていて子どもたちに教えていく人とは限りません。「教えて」とお願いされた子どもたちが小さな先生となり、きっといきいきしながら遊びを教えてくれるでしょう。中には「え〜、そんなことも知らないの〜。仕方ないなあ」と、得意気になる子もいるかもしれません(笑)。

 

子どもたちの解説を真剣に聞き、同じ目線になって遊びに夢中になる先生は、彼らにとって良き遊び仲間となるはず。途中で失敗してしまい遊びを止めてしまったとしても「ごめんごめん、先生初めてだから勉強中なの」と伝えれば良いと思います。

 

みんなで同じ遊びをする時に、ルールの理解度には差があることや、慣れている人もいれば慣れていない人もいます。子どもたちにとって、そんな時にどう行動するかを経験する良い機会になるでしょう。

 

<ヒント>

 

子どもたちから学ぶ姿勢は、保育士として経験を積んでからも忘れないようにしたいです。彼らは大人よりも広い視野と自由なアイデアで、驚くべき発見をしたりユニークな提案をしてくれます。

 

保育は大人が一方的に子どもに与えるものではなく、子どもたちの姿を土台にして展開していくものです。「それなに?教えて」「どうやってやるの?」と興味を持ち、小さな先生たちの声に耳を傾けてみましょう。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top