【2〜3歳におすすめ】表情を使った遊び

めぐみ先生の保育コラム

笑ったり、泣いたり、怒ったり、「表情」は一種のコミュニケーションツールです。子どもたちは、まず自分の表情を知り、どんな意味があるのかを考えてみる経験を通し、相手の表情から感情を読み取る力が身に付くようになります。

 

今回は、2〜3歳児におすすめの表情を使った遊びをご紹介します。

 

どんな表情になるかな?

保育園内の鏡がある場所で行うか、子どもたちが使える鏡を用意します。最初は、「目はどこにあるかな〜」「鼻の穴は何個かな?」など、顔のパーツを遊びながら確認してみましょう。

 

次に、顔の色々な部分を動かしてみます。「ウィンク」や「0の口」「鼻の下をのばす」など比較的簡単な動きでウォーミングアップ。慣れてきたら「眉毛を片方だけ動かす」「まばたきをすばやく10回してみる」など、ゲーム形式に展開してもいいですね。

 

この遊びを通し、自分の顔の色々なところを動かすことで、どんな表情になるのかを確認することができます。朝のお集まりなど、ちょっとした時間にやってみるのもおすすめです。

 

にらめっこでお友達と遊ぶ

相手を笑わせるために色々な表情をする「にらめっこ」も、表情を使った遊びです。最初は隣に座った子と二人組になってやったり、保育士対子どもたちでやってみましょう。

 

遊びに慣れたら次はクラス全員で輪になって座り、みんなでいっせいににらめっこ大会をしましょう。誰の顔が一番面白かったか、誰が最後まで笑わなかったかを競うのも面白いです。これは年中、年長クラスでも人気の遊びです。

 

みんなでふくわらい

伝統的なお正月遊びの一つ「ふくわらい」。目、鼻、口、眉など顔のパーツを用意し、顔の輪郭の上に置いていく遊びです。

目隠しをしながら行うのが一般的なルールですが、最初は目隠しなしで色々な表情を作ることを楽しみましょう。遊びに慣れるまでは、「今日はどんな気持ちかな?作ってみてね」など、保育士がお題を出すのもいいですね。出来上がった顔はどんな気持ちの表情なのか、言葉にして伝える経験も大切です。

 

遊びの中で表情の面白さに気づく

表情から人の気持ちを正確に読み取ることは、大人でもなかなか難しいものです。しかし、表情からその人の気持ちを想像して言葉をかけたり、言葉でうまく伝えられなくても表情で表現したり、表情の使い方を知っておくと良いことがたくさんあります。子どもたちが遊びの中で色々な表情に気づき、関心を持つことができるように働きかけてみましょう。

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top