「病院内保育施設で働く保育士」

めぐみ先生の保育コラム

働く保育園を探す時、様々なタイプな園の求人情報を見て、どの園で働くか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。公立保育園、私立保育園、認定こども園、小規模保育所、企業内保育所など、一口に保育園といっても色々なタイプの園が存在するのです。

 

そのひとつに、「病院内保育施設」というものがあります。この施設は、病院で働く医師や看護師、職員のお子さんを預かる保育所(託児施設)です。今回は、病院内保育施設での働き方についてお伝えします。

 

 

病院内保育施設で働くメリットは?

 

病院内にあるため、24時間体制で保育を行っている施設が多く、柔軟なシフトが組みやすい。(夜勤、朝番など)

 

正社員、契約社員、パート勤務など、様々な働き方が用意されている職場が多い。

 

保護者が同じ敷地内で働いているため、体調不良の時などに連絡が取りやすい。

 

院内にあるため、比較的小規模。子どもたち一人ひとりとじっくり向き合うことができる。

 

夜間の勤務がある場合、夜勤手当がつく。

 

 

メリットがデメリットになることも

紹介したメリットは、人によってはデメリットになる場合もあります。例えば、小さなお子さんがいる場合、夜勤がある職場はライフスタイルに合わないかもしれません。また、院内という特性上、行事が少ない施設もあります。たくさんの行事を経験したいという方にとっては、物足りなさを感じるかも……?

そして、病院には子どもや保護者以外にも多くの患者さんが行き来します。感染症の季節には十分な配慮が必要です。

 

自分のライフスタイルに合った職場を選ぼう

 

病院内保育施設で働くことに興味がある方は、ぜひ事前に見学を申し込んでみてはいかがでしょうか。実際に自分で足を運び、施設の様子、子どもたちや働いている保育士たちの姿を見ることで、就職後のイメージも湧きやすくなります。

また、施設によって働き方の条件が異なるため、勤務時間や収入、福利厚生についても事前によく確認し、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことをお勧めします。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top