食事中、良かれと思ってやってしまう子どもを深く傷つける行為とは?

井上きき 役に立つ話

 

子どもによっては、絶対に口に入れることのできない好き嫌いを持つ子もいますね。

食わず嫌いで、臆病で、頑なに口に入れることができない。

そんな子どもに、嫌いな食べ物を、がんばって食べさせることは、いいことでしょうか?

給食の時間や、家庭で、意外と当たり前に行われていることですが、改めて子どもの立場になって、考えてみましょう。

 

イメージしてみてください。

アフリカの奥地で、大男が、あなたに食事をふるまってくれるとします。

なんと、その中にイモムシが。

美味しそうに料理されて、美しく盛り付けられていますが、それは、確かにイモムシです。

あなたは、ぜったいに食べられないと思っています。

しかし、大男は言います。

「すごく体にいいんだよ。朝からみんなで探してきたんだ。ひと口だけでも、がんばって食べてみろ。」

 

さて、あなたはどうするでしょうか?

もちろん、調理員さんは給食にイモムシを出したりはしません。

しかしながら、慎重で臆病な子どもにとって、初めて見る食材と言う意味では、状況としては違いません。

無理やり食べさせられるとしたら、どんな気持ちなるでしょうか。

 

無理に食べさせる、という行為は、子どもによっては、あるいは食材によっては、虐待になるということです。

たとえ、体にいいことだとしても、ココロは傷を負います。

場合によっては、それを見ている子どもまでも傷つけることになります。

そんな悲しいことは、ぜったいに避けたいものですね。

 

≪井上きき 役に立つ話 2014年10月15日号≫

 

井上きき 役に立つ話 一覧へ

井上きき 紹介コラムへ



 


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top