子どもたちに「早起き」を勧める理由は?

めぐみ先生の保育コラム

 

子どもの健やかな成長に欠かせない、規則正しい生活。

子どもたちにも「早起きをしましょう」と伝えていると思います。しかし、なぜ早起きが必要なのでしょうか。

今回は早起きをすると健康と成長に良い理由について解説します。

 

生活リズムの乱れは成長の妨げになる

夜更かしや朝寝坊は、子どもたちの心と身体の成長に大きな影響を与えます。心身の成長に必要な「成長ホルモン」は子どもが深く眠っている時に分泌され、脳や身体を成長させるのです。

また、早起きすることで分泌される「セロトニン」という神経伝達物質は、食欲や情緒、安心感などをコントロールする重要な役割を担っています。つまり、生活リズムの乱れは成長ホルモンやセロトニンの分泌量を減らし、子どもの心身の成長を妨げるのです。その結果、集中力の欠如や学習能力低下の原因にもなると言われています。

 

朝日のパワーを使ってスッキリ目覚めよう!

 

なかなか目覚めのスイッチが入らない場合は、朝日を浴びるのがおすすめです。太陽の光を浴びることでセロトニンの分泌が活発になり、スッキリと目覚めることができるのです。 寝室のカーテンを開けて、目覚めやすい環境を作るのも良いですね。

そして、しっかりと朝ご飯を食べることも効果的です。噛むことで脳が覚醒し、胃に食べ物が入ることで内臓が目覚めます。

ちょっとした工夫をすることで、気持ち良く朝を迎えられるはずです。

 

今回お伝えした内容は、子どもだけでなく大人にも当てはまるお話です。

保育士自身も早起きの習慣を身につけ、心身を健康に保ち仕事に臨みたいですね。

 

megumi_000

佐藤愛美(さとうめぐみ)

保育士として保育園、子育て支援センターでの勤務経験を経てフリーライターに。現在、子育て関係の記事を中心に執筆している。パパ、ママ、保育士さんに向けて必要な情報を発信していけるように頑張ります!


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top