沖縄で保育士として働く!保育士だから感じられるやりがいと魅力とは?

沖縄・仕事

保育士は主に女性に人気の高い職業です。子ども好きの方にとっては、毎日子どもと触れ合える保育士という職は理想的な仕事といえます。将来、保育士を目指そうか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、保育士という仕事だからこそ感じられるやりがいや魅力、そして保育士として働くなら沖縄が良い理由についてご紹介します。

保育士の特権!保育士の仕事の魅力

保育士は子どもや保護者との関係づくりが非常に重要となる仕事です。幅広い年齢層の人と関わるからこそ難しさを感じる場面もあります。しかし同時に、保育士という仕事の魅力もこうした多くの人との関わりがあるからこそ生み出されています。

 

子どもの笑顔が見られる

保育士になりたいと思う方にとって、子どもの笑顔が見られる瞬間は格別の喜びを感じる時です。親と離れることに寂しさを感じて泣き止まないことや他の子供と喧嘩をしてすねることなど、小さい子どもならではのトラブルは日常茶飯事。しかし、こうした子ども達が保育士との関わりの中で笑顔を見せるということは、保育士自身にとっての何よりの喜びです。自分の存在が子どもの笑顔を引き出し、心の拠り所であることは保育士という仕事だからこそ感じられる魅力といえます。

 

保護者に感謝される

子どもの保護者から「ありがとうございます」の言葉をもらえるのは、保育士としての自分を認めてもらえたと感じる瞬間です。保育士という仕事は保護者との関係構築が難しく、悩むときもあります。しかし、「先生が担任でよかった」と感謝されたり、「子どもが家でぜんぜん言うことを聞かなくて・・・」と相談された時は、自分を信頼してくれている証です。保育士としての仕事ぶりを保護者に認められた瞬間は、保育士という仕事の魅力を再認識できます。

 

卒園後の成長を感じられる

卒園時は小さかった子どもの成長した姿を見られることは願ってもない喜びといえます。子どもに街で声をかけられたり、保育園に遊びに来てくれたり。自分のことを覚えてくれていた嬉しさと成長を感じられる喜びから、保育士をやっていてよかったと心から思える瞬間です。

 

保育士のやりがいは「行事・イベント」にあり!

保育士という仕事にはさまざまな場面において多くのやりがいを感じる瞬間があります。その中でもとくに「保育士を続けていてよかった!」と感じるシーンとして、保育園での行事・イベントがあげられます。

 

保育園で行事・イベントを実施する目的

イベントや行事の開催には、準備期間を考えると多くの時間が必要です。日々の仕事で大変な中でも行事やイベントを開催することには、子どもの成長と保護者との関係を良くするという目的があります。例えば、運動会や発表会であれば子どもの協調性や思いやりの気持ちを育み、保育参観や発表会では親に子どもの成長を実感してもらうことができます。

 

どんな行事・イベントがある?

一般的に保育園で開催される行事・イベントとしては次のようなものが代表的です。

 

春の行事・イベント

 

  • 入園式
  • 遠足
  • 保育参観

 

夏の行事・イベント
  • プール開き
  • 七夕祭り
  • 夏祭り
  • お泊り保育

 

秋の行事・イベント

 

  • 運動会
  • 秋の遠足
  • ハロウィン
  • 祖父母おまねき会

 

冬の行事・イベント

 

  • クリスマス会
  • お遊戯会
  • 節分
  • 卒園式

 

行事・イベントの大変さとやりがい

日々の保育業務に加えて各行事・イベントの準備が必要となるため、非常にタイトなスケジュールとなります。園児達が楽しめるものにするのはもちろん、保護者の方にも満足いただかなくてはならないため、一つの行事を考えるだけでも一苦労です。ただし、数ヶ月かけて準備した行事・イベントが成功を収めた瞬間は一気に疲れが吹き飛び、保育士をやっていてよかったと感じられるシーンです。

行事を楽しむ子どもたちの表情や保護者たちのどよめきや歓声を耳にした時は、何にも変えがたい至福の時なのです。

 

保育士として働くなら沖縄が良い!

魅力とやりがいがたくさんつまった保育士という仕事。保育士資格を取得して働くなら、なるべく良い環境・待遇を受けられる場所で働きたいと考える方も多いでしょう。そこでおすすめなのが沖縄で保育士として働くという選択肢です。沖縄でしか得られないメリットをご紹介します。

 

Point1:充実した補助金制度

沖縄県では保育士として働く方々を支援するために各自治体がさまざまな補助金制度を用意しています。

 

那覇市

 

保育士資格を持ちながら1年以上保育の仕事から離れている方々を対象に就職祝い金を給付しています。

 

・給付用件

フルタイム保育士(正規職員と同程度の勤務)→10万円程度

パート保育士(週の勤務時間が20時間以上)→5万円程度

 

詳しくは「那覇市潜在保育士の就職応援給付事業のご案内」をご覧ください。

 

うるま市

 

保育士の再就職にあたっての助成金や再就職促進支援金の交付などを行っています。

 

うるま市保育士再就職促進助成金→再就職の準備に必要な費用の支援及び再就職後の経済支援のために10万円を助成。

うるま市保育士等再就職促進支援金(平成31年4月より)→うるま市内の保育所等へ再就職した後、6ヶ月以上継続して勤務した者に10万円の再就職促進支援金を交付

 

詳しくは下記をご覧ください。

保育士再就職促進助成金について

今がチャンス!!保育士集まれ!!【10万円の支援金あり♪】

 

宜野座村

 

 

保育士資格を取得して3年以内の村出身者、もしくは村内に住所を持つ方が村内保育園に就職した場合、20万円の就職準備金を貸し付けています。

 

詳しくは「宜野座村保育士就職準備金貸付事業」をご覧ください。

 

Point2:住みやすい環境

沖縄県には恵まれた気候や風土から、さまざまな魅力がつまった住みやすい環境が用意されています。沖縄に住むからこそ得られるメリットとして次のような点があげられます。

  • 自然豊か
  • 食事が美味しい
  • 家賃が格安
  • 冬も暖かい
  • 求人が豊富
  • マリンスポーツが楽しめる

 

子どもを持つ方でも安心して育児ができる環境が整っており、若い方から家族をもつ方まで居住しやすい環境があります。

 

まとめ

保育士という仕事は小さな子ども相手の仕事だからこそ感じる苦労や大変さはありますが、それ以上に感じられるやりがいや魅力がつまった職業です。保育士として働くことを考えたとき、全国に保育園はあるものの、できるだけ待遇の良い環境下で働きたいと思う方も少なくないはず。そんな時はぜひ沖縄で保育士として働くことを検討してみてください。


お問合わせ・ご相談は 0120-915-513

Top